« 家族の愛に喜びを感じる日 | トップページ | 容赦なく襲う発作にこう思いたい(時のいたずらかと) »

2014年12月29日 (月)

一難去ってまた一難とは思いたくない日

今日は、朝からどしゃ降りの八王子rain

更新する今、やっとお日様が出て来ましたよ~(心配していた雪は全くsign03

りり~ちゃん、昨日の長い発作の後。

長めのネンネから目を覚まし、家族の気配をキョロキョロshineeyeshine

そんなりり~ちゃんに、娘ちゃんが近寄ると、思い切り尻尾をフリフリ。

20141229010644_deco

その後、おばはんが近寄るとキョトンsign03(尻尾フリフリ停止danger

恋人のりり~ちゃんこれは、浮気(^^;)

その後、暗くなる前に、抱っこで少しだけお外の空気を吸いに行ったよ。

あれ~珍しい鳥が(この青い鳥さんはどなたでしょうか?)

20141229011156_deco

最近は、珍しい鳥さんがいっぱい来ます(カメラマンcameraさんもいっぱい)

その後おうちに戻り、いつもの場所で台所に立つおばはんを見ていたよ。

20141229011450_deco

ネコちゃん、又、悲劇があったみたいね(場所移動してるし^^;)

20141229141109_deco

きぃ、しらを切ってもりり~ちゃんはちゃんと見てましたよ(^▽^;)

その後、静かに時間が流れ家族が揃う中、りり~ちゃんち~sweat02朝の9時から出ていないねと…。

20141229134004_deco

おばはんも、凄い量のお水を飲むりり~ちゃんだけに心配で、寒い中お外へも行きましたが空振りsweat01

その後、様子を見ながら眠りに着きました。

(りり~ちゃん、元気がいまいち…)

朝になり、5時前に服薬をし、痛みが和らぐ頃排泄sweat02に挑戦。

場所も変えて、一時間おきに3回は挑戦を。

最終的には、きぃのトイレで試してみたり。

20141229134208_deco

でも、ダメでした。

でもね、ブランケットの上に敷いてあるペットシートには、本当に少量のお漏らしの後が必ずあるのです。

その後も、不安のまま時間が流れ。

20141229134636_deco

息子君も後ろ髪引かれながら、塾へ…。

20141229134906_deco

その後最後の挑戦となる訳ですが…。

でもダメでした。

20141229133806_deco

ここで、獣医へ相談のお電話を。

すぐに駆けつける事になりましたrvcardash

早速レーザー治療と、ち~sweat02の相談を。

20141229115852_deco

先生曰く、痛みからか膀胱が収縮してしまっている可能性があるとの事。

さすがに24時間過ぎても排泄sweat02が無いと、膀胱炎になってしまう心配があるとの事で、すぐに管を通し排尿へ。

驚く量でしたsweat01sweat02sweat01(あぶな~~いannoy

この結果、又、今日から管をする事になりました。

りり~ちゃん自分から、排泄sweat02が難しくなってしまいました。

昨日の長い発作が、尾を引いてしまったのでしょうか~。

全て終わり、りり~ちゃんおばはんの胸に帰って来ました。

20141229115709_deco

尿の管…かわいそうですが、正直ホッと胸をなで下ろしています。

やはり、状態がわからないでいて飼主ばかりが頑張って、ち~sweat02させようとしてもダメなんだって、改めて実感しました。

雨の中、パパ太郎の運転で車を走らせrvcardash年末の渋滞の中おうちへ。

20141229120207_deco

今日は、お外見てなかったからね~せめて窓から~。

20141229120708_deco

りり~ちゃん、元気になったらまた美味しいおやつ一緒に買いに来ようね。

そんな時間もつかの間で(体力が全く…)

20141229121012_deco

おうちに戻り、りり~ちゃんはすぐにベットへ。

20141229140009_deco

この後も、ぐっすり眠れるようにお腹を満たすよ。

20141229135701_deco

おやつもしっかり食べ、お水も沢山ごくんし今は。

20141229140241_deco

時より、呼吸も苦しくなってしまいます。

20141229135105_deco

暫く、こうして様子を見て行きます。

取り合えず、尿の管から順調に排尿出来ているので安心しております。

おばはん、そっとりり~ちゃんの耳元で。

『りり~ちゃんには、感謝しているよ』

今日は『感謝』の言葉の中に、沢山の思い・涙を閉じ込めて。

今年もあと、3日程。

静かに時は流れないものかと、悲しく思うおばはんです。

りり~ちゃんに笑顔が戻ればきっとね…。

« 家族の愛に喜びを感じる日 | トップページ | 容赦なく襲う発作にこう思いたい(時のいたずらかと) »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 家族の愛に喜びを感じる日 | トップページ | 容赦なく襲う発作にこう思いたい(時のいたずらかと) »